菊池 恭太

整形外科
菊池 恭太
Kyota Kikuchi

科を超えた連携の中で患者さんの人生にとって最良の選択ができる。

患者さんにとって、今までとは違った角度から治療の提案ができる。それがこの病院の一番のメリットだと思います。例えば、足の切断手術を行う場合、今まではどこまで足を温存できるかを考えたとしても、整形外科医としては患者さんのその後の人生にまでは考えがおよばなかった。でも、ここでなら、術後にどんな装具を使えるのか?リハビリテーションを使えることで、どんなリハビリテーションが可能になるか?など、各チームの意見を参考にしながらトータルなマネジメントの中で考えることができます。患者さんの術後の暮らしを少しでも良くすることができるような医療を提供していきたいですね。

すべてのスタッフがリーダー。そんな環境で患者さんに満足をもたらしたい。

我々が目指しているのは、高いレベルで連携するチーム医療。そこでは、ひとりひとりのアセスメント能力がカギになると思います。各スタッフがその場その場で適切な判断を迅速に下し、医師はその状況をもとに最善の治療方針を素早く決定する。もちろん、ひとりひとりの患者さんと丁寧に向き合うことが大前提ですが、そうすることでより多くの患者さんの足を診ていきたいと思っています。座学と経験の両面からすべてのスタッフがレベルを上げて全員がリーダーのチーム医療を目指したいですね。

略歴

北里大学医学部卒。 北里大学病院整形外科、北里大学病院整形外科助教を経て国内医療機関に勤務。 横浜総合病院整形外科医長および同病院創傷ケアセンターを経て現在に至る。

資格

  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本整形外科学会 リハビリテーション認定医
  • 日本フットケア足病学会 評議員
  • 身体障碍者福祉法指定医
  • 北里大学整形外科非常勤医師
  • 杏林大学形成外科非常勤講師