病院概要

病院名 医療法人社団 青泉会 下北沢病院
所在地 〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-8-16
建築概要 地上6階、地下1階
許可病床数
53床
開設 2010年7月
診療科目 整形外科、形成外科
心臓血管外科、糖尿病内科
循環器科、内科、皮膚科
麻酔科(日本麻酔科学会認定 麻酔科専門医 茅野 孝明)、
リハビリテーション科、リウマチ科
診療時間 月~土: 9:00~12:00 14:00~17:00
休診日:日曜・祝日、年末年始(12月30日~1月3日)
受付時間 月~土: 8:30~11:30 13:30~16:30
休診日:日曜・祝日、年末年始(12月30日~1月3日)
病棟 一般病棟 43床
回復期リハビリテーション病棟 10床
手術室 2室
透析台数 5台
駐車場 あり(1台)
各種指定医療機関等 保険医療機関、生活保護法指定医療機関
労災保険指定医療機関、
難病医療費助成指定医療機関、被爆者一般疾病医療機関
指定小児慢性特定疾病医療機関

管理者一覧

管理部門

理事長(開設者) 久道 勝也
院長(管理者) 菊池 守
副院長 長﨑 和仁、福田 裕美
事務長  

診療部門

足病総合センター センター長 菊池 恭太
糖尿病センター センター長 富田 益臣
副センター長 田邉谷 徹也

施設基準届出事項

当院は、厚生労働大臣が定める施設基準に基づき下記の項目について、関東信越厚生局長に届け出を行っている保険医療機関です。

基本診療料の施設基準

オンライン診療料 急性期一般入院料4 診療録管理体制加算2
医療安全対策加算2
(医療安全対策地域連携加算)
感染対策向上加算3
(連携強化加算)
(サーベイランス強化加算)
患者サポート体制充実加算
後発医薬品使用体制加算1 せん妄ハイリスク患者ケア加算 病棟薬剤業務実施加算1
データ提出加算2
(入院時支援加算)
(地域連携診療計画加算)
入退院支援加算2
(地域連携診療計画加算)
(入院時支援加算)
(総合評価加算)
 回復期リハビリテーション病棟入院料4
(休日リハビリテーション提供体制加算)

 

 

特掲診療料の施設基準

薬剤管理指導料 持続血糖測定器加算及び
皮下連続式グルコース測定
糖尿病合併症管理料
糖尿病透析予防指導管理料 下肢創傷処置管理料
二次性骨折予防継続管理料1 二次性骨折予防継続管理料2 二次性骨折予防継続管理料3
多血小板血漿処置 静脈圧迫処置 人工腎臓
(維持透析を行った場合1)
下肢末梢動脈疾患指導管理加算
脊髄刺激装置植込術及び
脊髄刺激装置交換術
麻酔管理料Ⅰ
(周術期薬剤管理加算)
輸血管理料Ⅱ
(血適正使用加算)
検体検査管理加算(Ⅰ) 検体検査管理加算(Ⅱ) CT撮影及びMRI撮影
脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅱ 運動器リハビリテーション料Ⅰ

当院は、厚生労働大臣が定める基準「入院時食事療養(Ⅰ)」の届け出を行っており、管理栄養士によって管理された食事を、適時(夕食については午後6時以降)適温で提供しています。

保険外負担に関する事項

診断書・証明書等文書料及びエックス線・CTデータ複写料(税込)

診断書(病院指定様式) 1通 3,300円
生命保険会社診断書 1通 5,500円
身体障害者診断書 1通 11,000円
障害年金診断書 1通 11,000円
領収証明書 1通 2,200円
その他文書料 550~16,500円
エックス線・CTデータ複写(CD-R) 1枚 1,100円

その他保険外負担に係る費用(税込)

診察券再発行料 1枚 220円
郵送代 定型郵便物・定形外郵便物の基本料金
180日を超えた日からの入院 1日あたり2,200円
外出時付き添い料 6,600円
公的事務手続き等の代行料 1通 11,000円
マスク 1枚 50円

特別の療養環境の提供(室料差額)

個室使用料 3室 301・401・501 11,000円(税込)
個室使用料 3室 302・402・502 13,200円(税込)
2床室使用料 3室 306・406・407 4,400円(税込)

*医師が「治療上の必要」により入院並びに緊急用として使用する場合等には、この限りではありません。

入院期間が180日を超える入院

入院期間が180日を超える患者さんについては、健康保険一部負担金とは別に、費用が発生いたします。
選定療養費(1日につき)2,200円(税込)

病院沿革

2010年7月 医療法人社団青泉会 下北沢病院開設
2011年3月 回復期リハビリテーション病棟開設
2016年5月 糖尿病センター開設
2016年6月 糖尿病内科、形成外科、心臓血管外科、皮膚科を標榜
2016年7月 足病総合センター開設
許可病床数53床(一般病床を34床から31床へ)に減床
2016年8月 手術室(2室)、透析室(3床)開設
2017年10月 麻酔科を標榜
2018年7月 透析室(3床から5床へ増床)
2019年10月 一般病床を43床、回復期リハビリテーション病床を10床に変更