理事長ごあいさつ

下北沢病院 理事長
久道 勝也
KATSUYA HISAMICHI

アジア初の足の総合病院を創る。そう決意したのは2014年のことです。想いに賛同した各診療科の医師、看護師、薬剤師、理学療法士、栄養士等の各分野の第一線で活躍している最高のメンバーが当院に集結し、その実現に向けて始動しました。足に関するほんの小さなトラブルから、命に関わる重病まで、各科と連携し診療する。そして、広い視点から今できるベストな解決策を提供し、患者さん一人ひとりに寄り添う。それが当院の使命です。

現実のものとなりつつある人生100年時代。平均寿命と健康寿命を一致させるためには「歩行の維持」こそが 重要な鍵であり、当院の存在意義だと確信しています。