新型コロナウイルス感染症の院内発生に関する報告について

令和4年2月18日(金)に、当院に入院する患者さん1名と、2月21日(月)に職員2名が、新型コロナウイルス感染症に対するPCR検査において陽性であることが判明しました。   他の入院患者さんや、当院のその他の職員に関しては、マスクなどによる感染に対する標準予防策を行っていたため、濃厚接触者はいないと判断されましたが、念の為すべての接触者に関してPCR検査も実施した結果、全員が陰性でした。   また、当該患者さんは既に個室に転室いただき療養を継続しており、職員に関しては既定の期間勤務を控えるよう指示し対応しております。   当院では現在都内の感染者が急増している状況を鑑み、感染対策をさらに徹底したうえで運営を継続していきます。 また、感染防止策の強化として、引き続き面会制限を実施しさせていただきます事ご了承ください。   何卒ご理解・ご協力賜りますようお願い申し上げます。